面接で何が見られているのか

面接とは、誰しもが緊張する場面です。

面接で何が見られているのか

面接とは、誰しもが緊張する場面です。特に就職、転職の面接は履歴書を送るところから始まっています。履歴とは相手に自分のことを理解してもらうものですから、背伸びをせずにありのままの自分を出していくほうがよいかと思われます。様々な面接に関する書籍もでていますし、家族や友人と事前にロールプレイングなどを行っていくと緊張具合も幾分と違ってくると思います。その中で当日どうしていけばよいのかがおぼろげながら見えてくるのではないでしょうか。

当日は、交通機関の遅れなども想定して早め早めの行動を心かけていきましょう。面接官には自分のアピールのみならず、質問事項を整理して会社案内に出ていない部分を聞き出すことにより、その会社へのイメージもしやすくなりよりミスマッチのない就職活動になるのではないかと思います。そして、わからないことは知ったふりをせず、正直に話すことも大切なことです。これから長い間、お世話になる会社になるのですから相手もそういうところも見ています。万が一、うまくいかなった時でも落ち込む必要はありません。何がいけなかったのかを冷静に自分に問いかけ、その失敗を繰り返さないことです。転んでも起き上がる、人間はそれを繰り返しながら、強くなっていきます。