面接で何が見られているのか

就職や転職では採用に至るまでに面接が行われることが一般的ですが、そこで質問される内容には、ある程度傾向というものがあります。

面接を受ける時の注意点と対策

就職や転職では採用に至るまでに面接が行われることが一般的ですが、そこで質問される内容には、ある程度傾向というものがあります。その為、聞かれ易い質問の答えは予め自分の中で準備したうえで、面接を受けることが理想的です。難解な質問ならともかく、志望動機などの一般的な質問で答えに戸惑いますと、準備不足として解釈されるだけでなく、対応力にも問題ありと評価されることもありますから注意が必要です。

また面接の最後には、多く場合で逆質問が設けられていることがあります。ここで気の利いた質問ができた場合には高評価につながる傾向もあり、しっかり準備しておくことがオススメです。この質問の返答例は、インターネットを調べることで豊富に見ることができますから、上手に役立てることがコツになります。しかし返答例をそのまま使うことは、控えておいた方が得策です。インターネットの返答例は既に多くの応募者が面接で質問している可能性があり、面接官側からすれば聞き飽きた質問になる傾向もあります。その為、自分をアピールする場合ではかえって不利になることもあり得ますので、逆質問の内容は面接を受ける応募先に合わせて、自分なりにアレンジすることが賢明な対策です。