面接で何が見られているのか

就職や転職活動において、面接が重要なウェイトを占めています。

就職の合否を左右する面接

就職や転職活動において、面接が重要なウェイトを占めています。いかに筆記試験の成績が優秀で、また書類上も非の付けどころがない人間であったとしても、最終的には採用したら一緒に働くことになりますので、面接が大きな鍵を握っています。人間であれば誰であっても、初対面の人と会った瞬間に好きとか嫌いとか優しそう、怖そうといった第一印象を持ちます。顔つきや表情、全体的な雰囲気から、漠然とではありますが、何となく相手を判断しがちです。科学的な理由はありませんので、その是非について確たるものはありません。しかし、第一印象は、ほぼ間違いなく正しいという説もあり、最初に良いと思った人に対しては、時間が経過しても良い印象は変わらないですし、逆に第一印象が悪いであれば、その後も悪いままの印象が続く傾向にあります。

そして、その最初に受けた第一印象が正しいかどうかについて、1次、2次、3次と面接を繰り返し、その判断が正しいかどうかについて、検証を行っていくと考えられます。さらに、面接を行っていく中で、その会社が必要とする能力や資質を備えているか、あるいは仮になかったとしても、今後備えていく可能性があるのか、様々なことを確認していきます。