面接で何が見られているのか

高校や大学の入試、アルバイト、就職などなど、人生の転機について回るとも言える面接。

面接での勝率を上げるには

高校や大学の入試、アルバイト、就職などなど、人生の転機について回るとも言える面接。ごく一部の人を除いて、人生のうちにこれらを全く経験しないという方はいないでしょう。しかしその重要であり、大多数の人が必要とする面接ですが、苦手とする人が多いことも事実です。その理由は様々です。人見知りだから、口下手だから、緊張してしまうから…。ですが、そんな苦手意識を持ったままでは、受かるはずの面接も受からなくなってしまいます。ここで、受かる面接の仕方を考えてみましょう。

アルバイトや就職の面接だとして考えてみます。まず第一に必要なものは、最低限の身だしなみは整っていて、清潔感があることです。当たり前のことですが、企業の面接官は面接をする際、この人と働きたいか、ということを念頭に置いて考えます。相手が不潔でだらしない人間だったら、一緒に仕事をしたいとは思わないはずです。そして次に重要なのが、最低限の会話が成り立つことです。理由は上記と同じです。質問をしても返事しか返ってこない、会話が続かないなんて相手と付き合いたくはないでしょう。逆に言えば、この二つさえきちんとしていれば、まず面接で相手にマイナスな印象を与えることはありません。その上で、企業が求めるような答えを導いていけば良いでしょう。