面接で何が見られているのか

正社員のワークに就く場合における面接では、スーツで行くのが一般的だとされています。

非正規雇用での面接の服装

正社員のワークに就く場合における面接では、スーツで行くのが一般的だとされています。またスーツといっても派手なスーツは避けてジャケットなどは黒にしておいた方が無難です。では、バイトなどの非正規雇用の場合はどういった服装が望ましいのか、気になるところです。

業務の形態にも依りますが、普段来ている私服で構わないという場合が多いと言われています。不安だと感じる場合は、応募でテレフォンを掛ける際に質問しておくのが良いと思われます。私服で面接に臨んでもいいという場合は私服を着ても何ら支障はないですが、そういった場合でも気を付けておきたい部分はあります。第一印象が大切なので、採用担当から清潔だと思われるような服装で臨むのがベターです。また装飾品を付けたり、化粧をしたりするというのもあまり好印象を持たれないので避けます。身だしなみも言うまでもなく重要であり、あらかじめ爪を短く切っておいたり、髪を整えたりするように心掛けます。

契約社員の場合は、正社員のようにスーツを着用して面接を受けるのが適しています。正社員でも非正規雇用でも、見た目のイメージは重要視されるので、前もって見た目に関するチェックを行うのが重要です。